低温調理(他)の強力なお供

低温調理をするとき、食材をジッパー付きの袋に入れ、水を張ったボウルの中などで空気を抜く、
という準備手法がお金を掛けない一般的な方法だと思う。
この方法でももちろんいいのだけど、空気をしっかり抜くことは非常に難しい。
抜いたつもりでも、しばらく加熱していると結構膨らんでたりする。

そこで、ずっとほしかったけど、なかなか手の出なかった真空パック機を購入した。
買ったのは、ジェネティック フードシールド JP290 というもの。約 12,000円也。
IMG_20180721_154135

さっそくローストビーフ用の肉を真空パックしてみた。
IMG_20180721_154155

多少コツはいるものの、シンプルでいい機械だ。YouTube に動画がたくさんあるのも良い。
そして次々とパックしまくる。
コストコで買ったディナーロール(これはすこしテクニックがいる。吸引しすぎるとぺちゃんこ)、米、特売品のひき肉の小分け、冷凍フルーツ、炊き立てのご飯、ペットフード......
ほとんどの食材は冷凍保存する用。特にごはんは、いままではZiplock の1膳用のを使ってたけど、真空パックにしてみたら、めちゃくちゃ良い。冷凍したパックに少し切り込みをいれてそのままチンでほぼ炊き立て状態。
水分が出てしまったりすることもない。
冷凍にしたパンも同様。ペットフードも鮮度を保てる。もういいことづくめ。

使用する袋も、この機種は 100枚 千円ぐらいの袋が使えるから経済的。
なんだよ早く買えば良かった。他の機種は専用袋(高い!)が必要だったり機能的にも応用が効かなかったりでどうも??...な機械が多い様子。

-----
主な材料と調理温度、調理時間