有圧換気扇を天井裏の小窓に設置

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

わかりにくいけど、こんな感じに小窓(ハト小屋)に設置してみた。
P_20170802_090756.jpg

木枠は 6フィートの 2x4 材で自作。
2x4 材の横幅分(89㎜)の奥行があるので、風圧式シャッターが閉じた状態なら窓を閉められる。
台風なんかで風が強くてシャッターがバタつくときは窓を閉めてしまえばよい。

効果のほどは...

設置した翌日は、前日の真夏日からなんと肌寒いぐらいの気温 24℃ になってしまい、
暑さ対策としての効果は確認できないものの、あきらかに空気の流れはできているので、
排熱以外に空気中の浮遊物の排出にも良さそう。

これは結構いいんじゃないかな。

追記:

いちおう、「産業用有圧換気扇 低騒音形」となっていて、カタログスペックは、

 騒音(db): 34.0/38.0
 消費電力(W): 41.0/49.0
 換気風量(㎥/h): 1140/1320

この騒音については数値上は結構静かなんだけど、実際には工業用扇風機並み、と思っておいたほうがいいレベル。
部屋で仕事をしていてそんなに気にはならない音だけど割と大きい。