第2種電気工事士試験

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

それほど難易度の高い試験ではないらしいけど、学生のとき以来?の試験というのは結構きついものがあった。
参考書を読んでも頭に入らない、覚えたつもりでもいざ過去問題をやってみるとまるでできない、というなんとももどかしい状態からのスタート。
通勤電車での勉強はもちろん、勉強時間を作るためにいつもより1時間ぐらい早い電車で出勤して会社近くのカフェで勉強したりと、自分にしては結構がんばったけどまるでダメ。やってもやっても自信なんか持てない。

試験後はほぼあきらめて忘れようとしてたのに、それがどうしたことか筆記に合格。一ヶ月後に技能試験となった。
そこからあわてて技能試験用の工具を購入し、ケーブルやランプレセプタクルなんかをホームセンターで買い集め、毎晩技能試験の練習をした。手先は器用だから、と自信があったものの、いざ技能試験本番ではリングスリーブで接続すべき箇所に差込みコネクタを使ってしまったりで終了時間間際までバッタバタ。おかげで完成後の配線確認もできなかった。筆記のとき以上に、こりゃダメかも・・・という結果だった。

が、合格発表日の今日、会社へ行く電車のなかで恐る恐る見てみると・・・

じゃ〜ん

スクリーンショット_2015-09-04_21_06_57.png

なんと合格! いやあ、工具代やら参考書代やら無駄にならなくて良かった。そしてこれで堂々と家の配線工事ができることとなった。