横断歩道の渡り方

車で走っててすごく気になるのが、横断歩道で待ってるひとがいるのに止まらない車の多いこと。
みんな忘れてるのかね。横断歩道を渡ろうとしているひとがいたら、車は止まって歩行者を渡らせないといけない。
でもほとんどのドライバーは止まらないよね。
そして止まってあげるとあわてて渡る歩行者。ゆっくりわたっていいのに。

自分がとまっても反対車線が止まらないものだから、当然歩行者は渡れない。渡ったら危ない。
逆に自分が止まって歩行者が反対車線の車にはねられでもしたら...と心配になる。

ちなみにイギリスでは、白黒のポールに黄色い玉がついたやつが立ってる横断歩道は、歩行者絶対優先だ。
車は必ず止まると思って良い、と言い切れるぐらい止まってくれてた。
日本では、すべての横断歩道がそれと同等のはず。
横断歩道の手前にひし形のマーク(ダイヤマーク)が2つ並んで書かれているところだって、ほんとに止まらない。
せめてスピードを落として安全を確認すればよいのに。

なんてことを常々思っているのだが、

今日、駅前の横断歩道を渡りかけて、3分の1ぐらいのところで、
2台の自転車の警察官にぶつかりそうになった。

なぜ?

横断歩道の直前にはトラックが停車中で見通しが悪い。
自分からは右から走ってくる警官は見えていなかった。

ぶつかりそうになったので「こらっ」と思わず(小さい)声が出てしまったのだが、
2台目の若い警官がちらっとこちらに反応しただけで、2人ともそのままふつうに走り去った。
1台目の年取った警官は、様子からまるでこちらを見てもいないし、気付いてもいなかった、のだと思う。
まさにこれだよな、日本の交通ルールのおかしいところ。どいつもこいつもだ。

某アジア諸国なんかと比べられるのは嫌だけど、車に関しては同レベルだ。
世界的にみたら(まあ国によるけど)低レベルと言わざるを得ない。

横断者がいたら止まる。
横断者は急がず慌てずゆっくりと渡る。
できれば、止まってくれた車に軽く手を上げたりして感謝の気持ちを表す。
そんな光景が当然のことになったらよいのに。

日本の、真に、こころのやさしいドライバーが増え、それが他のドライバーにも波及し、
歩行者、自転車、オートバイ、自動車、トラック、みんなが道路をシェアして、
少しでも痛ましい交通事故が減ったらいいね。